akira cafe.

アキラとアキラ、男女ふたりのユニットで運営しています。医療介護、グルメ、アウトドア、文具など書いています。

これぞ、「ザ・理学療法」

 うちのオカンは、バリッバリのスポーツマンである。朝からカメハメ波!!っとフラダンスを踊り狂い。昼からはよさこいダンスでダンシング。ダンシング。夜は、プールで何キロも泳ぎまくる。

 

気が向いたらお仕事なのだ~。っと金儲け。そんな毎日なのでございます。

 

そりゃ、もう前期高齢者なのですから、それだけやりゃ、ちーっとは、体がおかしくなるのも当然でございます。

 

 

と言う訳で、今日は珍しくオカンが、

 

「なんかなぁ。肩上がらんへんねん。」

 

と悲痛な表情を浮かべて私に訴えかけてきた。

 

どうせ、痛いのはイヤだ。めんどくさいのはイヤだ。と治療にいちゃもんばかりつけるオカンのことだから、私はたいてい。

 

「いちゃもん言えるほどしか困ってないような症状は、何やってもとれん。飼っとけ、飼っとけ。」

 

とほとんど相手にしないのだが、今日は少し様子が違っていた。

 

「今日はホンマに痛いねん。痛い治療でも我慢するから治してーな」

 

と、珍しくしおらしい言葉をかけてきたではないか。

 

「治療したってもええけど。痛いで」

 

本当はさほど痛くないのだが、それでもやってくれと言ってくれば本当に困っている症状であるということである。痛いで。の一言で怯むような症状だったら、ほったらかし決定。

 

すると、オカンは

 

「わかった。我慢する」

 

なんと!意外なお言葉。こりゃ、数年に一度の「ホンマもん」の困った症状なわけだ。

 

いつもの、適当な訴えとはわけが違う。

 

ならば、理学療法適応!!!

 

ちょっと肩凝った。とか、なんか腰痛いねん。膝痛いねん。的な我慢できる程度の症状は、理学療法ではほとんど治らない。

 

少しの不具合でも人の脳は反応するので大げさに周囲の人に言いふらかす。すると、若干の痛みや不具合は軽減されるのである。そういう構造になっている。ただ、痛いだのしんどいだのと聞かされる方は、ダメージを受けるので、お医者さんの平均寿命は多職種と比較すると短いんですね~。

 

なので、その手のやつは、接骨院や按摩さんのところで気持ちよくもんでもらえばいい。

 

しかし、本当に痛い。とか、もうどうしようもないぐらい困っている症状。に関しては、理学療法は絶大な効果を発揮する。

 

なので、私は、親や友人の適当なちょっと揉んでーなー。的なやつは、絶対に触らない。

 

接骨院に行け。接骨院に」

 

と言って、全く相手にしない。

 

しかし本物の症状は、治せちゃうので、治療することにしている。

 

今回は、本物臭いので治療することにしてみました。

f:id:akiragoyou:20180611214814j:plain

「両手をできるだけ挙げて下さい。万歳してください」

とオカンには指示をしています。

 

右の肩が完全に上がってませんね~。顔は隠していますが、ここまで上げるだけでも、かなり苦悶の表情でございます。

 

右肩関節屈曲90度くらいですかね。これだと。

f:id:akiragoyou:20180611215313j:plain

横からも撮ってみた。

 

何となく、代償動作が入っているので90度以上上がっているようにぱっと見は、見えますが、やっぱり、90度ぐらいですね。

 

はい、治療開始。

 

今日は、約5分程度の治療でした。オカンなので、最短。最速です。サービストークとか、全くいらないので。治療のみ。

 

理学療法医療保険では、20分がひと単位なので、無駄な時間も沢山あるのです。

 

5分で終わっても、15分何かしてなきゃいけないルールなんですね。1時間枠だったら。5分で治療しても、お金儲けのために55分、患者さんを触ってなきゃいけないんですね。無駄。時間と保険料の無駄。ですね。変なルールですね。

 

でも、日本国の医療保険制度は、そうなっているので、致し方ありません。

 

しかし、家でやるときは、最短、最速で終わりです。なので、治療時間は5分!!!

 

五分後でーーす。

 

f:id:akiragoyou:20180611220204j:plain

f:id:akiragoyou:20180611220235j:plain

右腕が上がっているのが分かりますかね?

 

 

初めの治療前の2枚の写真と、5分治療した後の写真2枚では、肩の上がり方が違うのが見て取れると思います。

 

(初期評価時は前腕回内位になっとるやんけ!フェイクやフェイク~。コッドマンで制限かけとるだけやんけ~。と、おっしゃる方もおられるかもしれませんので補足しておきまーーす。初期評価時は回内位でしか痛みで腕が持ち上がらなかったわけでございます。つまり、前腕正中位では肩関節屈曲角が45度から50度程度しか上がらなかったわけでございます。最終評価時の上記の写真も別に正中位に前腕をしてもらうように指示を出したわけではありません。あえて、前腕の位置は指示を出さずに、患者さん(オカン)のできる方法で上げてもらうようにしています。痛みが消えれば自然と肩甲上腕リズムが出ているのが見れていますね)

 

ざっと、屈曲角度は165度はあるでしょうかね。

 

代償動作は多少出ているものの、初期評価時と比較すると、随分上がっているのが分かります。

 

腕もぐるぐる回していたので、痛みもほとんど消えています。

 

治療を終えたオカンは、満面の笑みを浮かべて

 

「ありがとう。今からプール行ってくるわ」

 

と言って、スポーツクラブへ出かけて行ってしまいました。

 

オイオイ。\(^^;ナンデヤネン.

 

なんのどんな痛みなのかを判別できれば、治療はもう終わっているといっても過言ではありません。治療自体は簡単ですから(笑)

 

整形外科疾患はすぐに結果が出るから大好き!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

(まぁ、長いこと理学療法士やっていればこれぐらいはできます。特別なことは、なにもしていないです。)

 

理学療法士を目指して勉強している学生さんたちも頑張ってください。患者さんたちがあなたたちを待っています。

 

ジャクソンとかアドソンとかペインフルアークとか学校で勉強するよね~。応用です。応用。痛みの理屈が分かっていれば、治療はしごく簡単。

 

とまぁ、ちょっと先輩ぶってみました。えへへ。

 

 

 

 

 


akiragotwitterinstagramnote

amazon.co.jpアソシエイト