akira cafe.

アキラとアキラ、男女ふたりのユニットで運営しています。医療介護、グルメ、アウトドア、文具など書いています。

リハビリテーションゲーム機

youtu.be

 

九州大学病院リハビリテーション部とバンダイナムコグループの共同開発でできたリハビリテーションゲーム機。

 

理学療法士がどういう疾患の患者さんにどれだけの量やってもらって、どうしたら仕事復帰できるとか、治療する目的があるのであれば、有用な道具となりうると思う。

 

しかし、この手の機械はかえって寝たきりを助長しているに過ぎない場合が多い。

 

素人目には凄く「楽しそう」でこの手の機械は人気がある。

 

しかし、この手の機械には大きな落とし穴があるのである。

 

 

この手のゲームをやっているだけで「元気になれる。」と言う暗示を高齢者にかけることができるのである。

 

高齢者はしんどい、辛いリハビリから現実逃避するために、簡単で楽しそうな寝たきりになるためのツールをリハビリとして好む傾向があるからだ。なので、高齢者はリハビリと称した「按摩、マッサージ」が大好物なのである。按摩やマッサージだけを百年やっても寝たきりは歩けるようにはならない。

 

(歩けない人が車いすやベッド上で、膝を上げたり曲げたりする運動と同じ。そんなこと百年やっても歩けるようにはならない。)

 

この手の機械は、高齢者施設にとっては格好の便利グッズなのである。

 

高齢者を施設の中に閉じ込めたまま、リハビリをやっているような気にさせる便利グッズ。

 

高齢者も「やった感」だけ得られて、寝たきりに向かっているとも知らずに喜んで大満足。

 

まさに、施設側の思いと高齢者の楽したい思いが合致した商売。商売としては成立している。全く間違っていない。しかし、寝たきりが増えるだけ。

 

いかがなのもか。

 

訓練として使える理学療法士がいて初めて意味のある道具。私に言わせれば、セラバンドみたいなものである。素人が使えば、ただのゴム。しかし、プロが使えば寝たきり生活から脱出するためのスゴイ道具なのである。

 

道具は使い方で毒にもなるし薬にもなる。

 

今、高齢者施設でつかわれているこの手の道具の使い方は私から見れば、毒の部分ばかりがもてはやされているような気がしてならない。

 

楽してどうにかできるほど、リハビリテーション治療は安易な治療法ではない。

 

大学の研究段階では、一部の筋や動作、反射、反応の効果判定を部分的に効果が見られれば、効果ありとするのだろう。では、そんな一部分の効果を生活行為動作につなぎ合わせる係を介護施設の誰がするというのか?理学療法士作業療法士以外の誰が動作や運動を組み合わせて日常生活動作を作り上げるというのか?

 

介護施設には理学療法士作業療法士はほとんどいない。

 

素人がこの手の機械を使っても毒にしかならない。寝たきりを助長するだけ。施設のスタッフと利用者がやった気になって満足するだけ。

 

「このゲーム機でいい点とれば歩けるようになる。」

 

と盲目的に思っておられる利用者が不憫でならない。

 

断言しておきます。このゲーム機で100点満点とっても、寝たきりの人は歩けるようにはならない。素人が使っても転倒予防にもならない。

 

施設でのこの手の機械の使い道はただ一つ。「楽しいのでやってみたい。」という興味を持たせるツールとしてはとっても有用。

 

興味を持った後、日常生活動作につなげるために、どんなリハビリテーション治療プログラムをするのかが一番大事。(もちろんだが、個別処方が必要)

 

興味を持たして終わり。ゲーム機だけやってればきっといいことがある。と暗示をかけるだけでは、仕事や旅行等を含めた日常生活動作能力は回復しない。維持もしない。

 

 

 

 

 


akiragotwitterinstagramnote

amazon.co.jpアソシエイト